Foodtruck(キッチンカー)

 

トラックやバンをベースに制作します 軽自動車でも可能です

 

各地域の保健所などにより詳細な営業許可要件は異なります。

法律や要件に合わせてお客様と現地の保健所と相談を行いながら制作いたしますので、お気軽にご相談ください。

積載可能な水タンクの量に応じて、営業可能な品目、車内で行うことが可能な工程内容が変わってきます。

(区分 40、80、200リットルなど)

軽自動車ではスペースや耐荷重の問題から、あまり大量の水を搭載することはおすすめできませんが

簡単な品目であれば十分に営業可能です。

 


費用に関しては下記3項目の合計となります

ベース車両費用(持ち込みの場合不要)
目安100万円~
+
架装費用
60万円~(基本工事 アルミバンの場合)
+
基本整備+車検登録関係費用(不要な場合あり)
18万円~(+自動車税)


☆ベース車両

アルミバン(箱トラック) 平トラック バン など、様々な車両を改造することができます。

中古車、新車、持ち込み車両などご相談承ります。

中古車を当工房で仕入れる場合でも、年式や走行距離によって、納車後のベース車両については無償保証期間をつけることができませんのでご了承ください。(目安 10年超え 10万キロ超え)

これから仕事で活躍してもらうベース車両は、トラブル回避のためにも、ある程度は良品であること、市場に台数の多い車が望ましいと考えられます。(過走行車、錆び、腐食の進んだ車はおすすめしません)

また、良品であってもレアな車の場合は修理や部品供給などの面で困る場合がありますのであまりお勧めはできません。
とはいえレアなベース車両の場合は出店先で目を引くこともできますし、使用するのが楽しくなるというメリットもあります。車好きな人もお店のファンになってくれるかもしれません。
古い車やレアな車をベース車両としてお選びになる場合は、オーナー様にもトラブルを楽しむくらいの気持ちの余裕を持っていただくことが大切です。

中古車を選ぶ際は走行距離も気になるところではありますが、働く車として製造されたディーゼルエンジンのトラックなどはエンジンの耐久性が一般車両よりも高くなっています。ディーゼルエンジン自体は大切にメンテナンスされていれば数十万キロは元気に走ってくれます。(メンテナンスは必要です)
特に気を付けるのはこれまでメンテナンスされているか、ボディーなどに深刻な腐食が無いか、レアな車の場合は修理部品が手に入るかといったことがあります。

○アルミバン(アルミ箱付きトラック)

ベース車として最もおすすめの車両は1.5トン~2トン積載サイズのアルミバンとなります。

サイズにもゆとりがあり、アルミ箱の部分を建屋としてそのまま生かすことができ、必要最低限の内装を行うだけでも営業可能な形にすることができます。

内部で人が立って仕事をすることができる高さもあり、耐荷重や容積のゆとりから200リットル超えの水タンクも高い自由度で搭載できます。

デメリットとしては、車両サイズが大きいため、狭い場所の走行が多い場合や、省スペースで営業したい場合には扱いにくい場面が出てくる可能性があります。とはいえ普通車駐車場枠2×5mにも収まるサイズです。

基本的には8ナンバーの特殊車(加工車)登録となります。

内部設備を載せ降ろし可能な簡易固定にすれば8ナンバー加工車への変更を行わずに貨物車のまま車検登録することも可能ではございますが、内装や窓の取り付けなどにより形状や重量の変更が大きくなる場合は、車検上の構造変更手続きは必要です。

ディーゼルエンジンの車両をおすすめします(LPG車両は燃料補給の観点からはお勧めしません)
中古車の場合はしっかりメンテナンスをされていた車両であれば10~20万キロ程度走行している車両が価格的にも狙い目です。

 

○トラック (平車タイプ) 軽トラック

軽トラックを含めた平トラックの場合には、トラック上部にシェル(小屋)を建てる(積載する)ような手法で制作します。

木造やアルミフレームにて製作が可能です。

シェル自体を簡易に脱着(積み降ろし)できるようにすれば、シェルを使用しないときはベース車両そのままのトラックとして使用することができ、車検上もシェル自体を積載物(荷物)として扱いますので、現在の法律では(2021年)構造変更等は必要なく、従来の車検証のまま使用でき、お客様持ち込み車両の場合は、新たな車検登録関係費用は不要です。(車検時には降ろす必要があります)

小屋自体を完全に固定して車両と一体とした制作をする場合は、構造変更が必要になり8ナンバー(加工車)の検査を登録を行うことになります。

 

○バン(軽バン)

軽バンを含めた、バンの場合は内部に仕切りを設け(座席スペースとキッチンスペースを仕切る必要があります)その他保健所指定の必要な設備を取り付けることで、営業自体は可能になります。
メリットは走行の面での取り回しは最も普通車に近いことです。

デメリットとしては内部が狭いこと。特に中で立って作業できない車両がほとんどであるということで身体にも大きな負担がかかります。
単純な品目や短時間の営業など、仕事を行う上でよく検討を行った方が良いと考えられます。

お茶やコーヒー、飲み物の販売だけなどには、コンパクトでローコストな車両を作ることもできます。

 

〇バス(マイクロバスなど)
 保管スペース、出店先のスペースをよくご検討されたうえで選ばれる場合には、施工を承ることは可能です。
 格別な1台になることは間違いありません。 

 


☆架装

◎基本工事 (下記9点)60万円~

・内壁&天井(耐水性のあるボードで仕上げます)木張りなどの装飾は別料金です
・床張り(重歩行用フロアマット仕上げ)
・100V電源引き込みコード(ポータブルバッテリーや発電機、貸し電源などの電源供給元に接続して使用できます)
・ブレーカー15A
・100V用 内部配線
・コンセント2個口を3~4個程度
・換気扇(100V用)
・販売窓 1か所(ガラス窓2~4枚タイプ)
・照明 3か所程度(LEDダウンライト)

お客様(オーナー様)にて発電機やポータブルバッテリーなどの電源の確保を行っていただく必要があります。
引き込みコードを電源に接続すると内部設備に電力供給されます。

最も安価に制作する場合は、最低限上記の基本工事を当工房にて行い、保健所許可要件を満たすためのその他必要なものは、お客様にて設置していただくことで営業を開始することができる状態になります。
設置や固定のためのアドバイスはさせていただきます。
*シンク、水タンク(給水+排水)コンロ、調理台、冷蔵庫など

○その他必要に応じて(当工房で仕入れや取り付けを行う場合は別料金)

・シンク2槽~3槽 仕様形状などに応じて要見積り
・給排水タンク 容量と設置個所に応じて要見積り
・給排水配管 6万円~(圧力ポンプに給水 食品衛生法対応ホース使用)
・コンロ(カセットコンロ可)数千円~
・冷蔵設備(一般冷蔵庫価格) 数万円~
・収納庫 仕様形状などに応じて要見積り
・調理台 仕様形状などに応じて要見積り
・給湯器

既にお持ちの器具や設備など、設置可能な場合はご使用いただけます。

↑上記の多くは保健所指定の必須項目となります

○シェル制作(小屋建築) ※平トラックの場合 60万円~(目安)
アルミバンの場合は不要です

木材やアルミフレームにて外殻部分を製作します。(出入口1か所)

平トラックの場合は シェル制作60万円~+基本工事60万円~となります。

軽トラックでベースで設備を簡略化する場合は(内装無しなど)さらに費用を抑えて安価に制作することも可能ですのでまずはご相談ください。(内装無し簡易シェル+基本工事)

(軽トラックの場合は積載荷重の問題からアルミフレームシェル必須です 木造はお勧めしません)

 

↑木造

↑アルミフレーム


☆オプション(新規製作価格)

・サブバッテリーシステム 30万円~ ←おすすめ
 12V鉛タイプバッテリー210Ah(105Ah×2台~)
 1000W~インバーター(12V→100V変換装置)
 必要配線、電源切り替えリレーなど
 オフグリッド(自給電源)で電気を使用できます。
 インバーターによりサブバッテリーを100V電源に変換して、冷蔵庫や換気扇などを使用可能になります。
 100wh程度の電力を約10時間以上自立稼働できます。(計算上)
 (バッテリーが劣化した場合はこの限りではありません)
 外部コンセント&車両走行(エンジン)で充電を行います。
 電子レンジやトースター、エアコンなどの大電力製品向きではありません。
 *高価にはなりますが大電力製品向きにはリチウムイオンサブバッテリーシステムも構築可能です。
・ソーラーパネル充電システム200w~ 15万円 ←おすすめ
 *要サブバッテリーシステム
 100W×2枚~のソーラーパネルを搭載しサブバッテリーに電気を供給します
 屋外晴天時であれば冷蔵庫、照明、換気扇など通常営業に必要な電力を、
 サブバッテリー消費なく賄うことができます。
・販売窓側跳ね上げ扉(形状サイズにより10万円~)
・サイドオーニング(巻き取り式タープ)サイズにより20万円~
・内外装飾(木など形状 デザインに応じて要見積り)
・断熱材(外壁と内壁の間に断熱材を仕込みます)サイズ、施工か所により要見積り
・コンロ周り耐熱パネル 1万円~
・販売カウンター 折り畳みor簡易取り付け 形状サイズにより 3万円~
・外部塗装(つやけし全塗装30万円~)
・外部ラッピング(デザイン 面数 面積に応じて要見積り)
・出入口扉新設 15万円~(トラックリアゲートを出入口として使用しない場合)
・床材 マット(重歩行用シート)から縞板鋼板などへ変更 形状サイズにより要見積り
・屋根上 跳ね上げ看板 15万円~(ソーラーパネル設置の場合は要検討)